知覚過敏の治療方法

男性

知覚過敏の歯磨き粉

知覚過敏に効果的な歯磨き粉というものがあります。この歯磨き粉には硝酸カリウムが含まれており、象牙質をカバーする事ができるので痛みが出にくくなります。

コーティング剤を使う

コーティング剤を露出した象牙質に塗ることで歯に伝わる痛みをブロッグします。この治し方は効果的ですが、時間の経過と共にコーティング剤が剥がれていくので定期的なメンテナンスが必要です。

詰め物をする

歯自体が削れて知覚過敏を起こしている場合は、その部分に詰め物をすることで症状を抑えます。歯が削れた状態を放っておくと虫歯などになってしまう可能性がありますので注意が必要です。

噛み合わせ自体の改善

噛み合わせが悪いと一部の歯に負担がかかってしまうことがあります。この場合は歯医者で噛み合わせを調整して根本的に原因を改善します。

知覚過敏の治療に関する口コミ

症状を放置していたら悪化した

自分の場合、知覚過敏の症状が出ても別に医者に行かなくても大丈夫だろうと思っていたのが間違いでした。痛みが段々酷くなってきたので、現在は歯医者で治療中です。皆さんも症状が出たらなるべく早く病院へいくと良いですよ。

虫歯かと思ったら知覚過敏

歯がいつも痛くなるので虫歯かと思い歯医者へ行ったら知覚過敏とのことでした。歯にコーティングをして現在は症状がかなり収まっています。腕のいい歯医者で良かったです。

いつも歯をしっかり磨いていたのに

一日三回歯を磨いていて、歯の綺麗さには自信があったのですが、なんと知覚過敏になりました。医者に言わせると歯の磨き方が強すぎるとのこと。悔しいですが仕方ありません。治療後の現在も歯磨きには十分注意しています。

マウスピースで症状改善

社会人になり一年ほどしてから知覚過敏になりました。自分の場合は歯ぎしりが原因のようです。歯ぎしり予防のためのマウスピースを使って寝るようにして、段々症状が緩和してきました。寝ている間の歯と歯の接触をなくせるので効果的ですよ。

歯が削れていたので詰め物をした

私の場合は歯に削れている部分があり、それが原因で知覚過敏になっていました。知人に勧められた歯医者へ行き、原因となる歯に詰め物をして症状を改善させることが出来ました。ストレスがなくなったのでほっとしています。

一刻も早い治療を

知覚過敏を放おっておくと、症状がさらに悪くなってしまうことがあります。症状が出たらなるべく早めに歯医者に行きましょう。

広告募集中